JBCEについて

JBCEの概要

JBCEは1999年に設立されて以来、欧州の政策等について日本の産業界を代表し、欧州の政策立案への貢献を目的とした活動を行ってきました。

現在、80社以上の日系企業が会員として活動に参加しています。

ICT、電機電子、化学、自動車、機械、商社、精密機器、製薬、鉄道、繊維、ガラス、金融など多業種にわたる会員の専門性を共有することで、EUの政策に貢献しています。

様々な委員会活動を通じて日本とEUの架け橋となるべく、日本企業の欧州経済への貢献に対する理解促進に努めています。

【委員会】

企画委員会 、通商委員会、CSR委員会、会社政策委員会、環境委員会、基準認証委員会 、 デジタル・イノベーション委員会

JBCEの優先事項

  • オープンな貿易投資を促進します
  • 共通の規制環境を促進します
  • 責任あるビジネス行動を促進します

JBCEのミッション

  • 日本とEUの架け橋となる。
    (日本企業の欧州経済への貢献に対する理解促進)
  • EUの政策形成に貢献する。
    (欧州企業市民の一員として、日本企業の専門性と経験に基づく建設的なインプット)
  • 魅力的かつ予見可能なビジネス環境を促進。
    (欧州において企業が持続可能な成長を実現)